専業主婦が離婚するときは、相手のことが嫌になっても先のことを考えて冷静に行動することが大切です。

法律が大きく関わる離婚について
MENU法律が大きく関わる離婚について
法律が大きく関わる離婚について

専業主婦が離婚する時には冷静に行動しましょう

法律が大きく関わる離婚について
私の知り合いに専業主婦で子供が4人もいるのに離婚した人がいます。その人の場合は、旦那さんの借金が理由だったのでやむを得ない事情だったのですが、やはり子供4人を一人で育てていくのはとても大変で生活も苦しそうでした。専業主婦が離婚したいと思った時にはどのような行動をとったらいいのでしょうか?長い間専業主婦をしていた人は一人で働いて子供を育てていくのに不安を感じるでしょう。そんな時には、どれだけ相手のことが嫌になっても冷静に行動した方がいいと思います。まず、パートでもいいから仕事を探し自分名義の貯金を増やすことが大事です。そして、どのぐらい養育費がとれるのか、慰謝料がもらえるような離婚理由なのか、子どもが大学まで行くことを見据えて学費や生活費を賄うことができるのか、よく考えてその上で離婚したほうが良いでしょう。

また、子どものことや経済的なことを考えても実家に帰ることができるのなら、一時的でもいいので実家に帰った方がいいと思います。実家に帰ることができなくて経済的に厳しいようでしたら市営住宅に住むなどして住居費を安くすることもできます。最後に、離婚が子供に与える傷はとても深いものです。離婚後は母親は仕事と子育てで精一杯になってしまうでしょうが、子どもは母親をよく見ています。いつも笑顔で一生懸命頑張っているお母さんを見て育てば、シングルマザーでも横道にそれる子供にはなりません。それと同時に子供の心のケアも大切にして強く生きていってほしいです。

関連リンク