配偶者が勝手に離婚届を提出する心配があるときは、離婚届不受理申出書を提出しておきましょう。

法律が大きく関わる離婚について
MENU法律が大きく関わる離婚について
法律が大きく関わる離婚について

勝手に離婚届を提出されそうなときは離婚届不受理申出

法律が大きく関わる離婚について
離婚届不受理申出という制度をご存じでしょうか?夫婦の一方が離婚したくないと思っていても、他方が勝手に離婚届を役所に提出した場合、届書に形式的な不備がなければ、役所はそれを受理せざるを得ません。それにより、離婚は成立してしまいます。もちろん、離婚の無効を争う裁判手続はあるのですが、非常に大変になります。このような心配があるときには、離婚したくない側から離婚届不受理申出書を提出しておけば、他方が勝手に離婚届を提出しても受理されなくなります。

提出先は届出人の本籍地のある市町村区の役所ですが、その他の役所に提出した場合も、本籍地のある役所に送付してもらえることになっています。離婚届不受理申出の効力は、取り下げるまで無期限で有効です。もちろん、申出の後、協議や裁判によって離婚が決まった場合は、離婚届は受理されます。ひとつ注意していただきたいのは、相手方を特定せずに離婚届不受理申出をしていた場合は、再婚後も有効なままとなることです。必要がなくなった場合は、速やかに取り下げておくことをお勧めします。

なお、協議離婚の場合はもちろん、裁判離婚の場合にも離婚届の提出は必要ですので、ご注意ください。離婚届の用紙は、役所の窓口(その他、戸籍を扱っている窓口)に行けば備えてあり、記入例の見本も掲示してあります。印鑑は認め印で構いません。証人2人が必要ですが、成年であれば誰でも構いません。証人の印鑑も、認め印で構いません。

関連リンク