配偶者の浮気で離婚する人も多いですが、法律で離婚が認められる浮気、つまり不貞行為とは肉体関係のことです。

法律が大きく関わる離婚について
MENU法律が大きく関わる離婚について
法律が大きく関わる離婚について

離婚理由として認められる浮気とは

法律が大きく関わる離婚について
配偶者の浮気による離婚は昔からよくあります。少し前までは圧倒的に浮気をするのは男性でしたが、最近は女性の浮気も大変多く、半々くらいになってきています。もちろん男女平等の時代ですから女性だからどうとは言いませんが、浮気をすれば離婚を余儀なくされることもありますので覚悟が必要です。単なる火遊び、家庭を壊すつもりはない、と思っていても、配偶者が離婚したいといえば裁判では認められます。慰謝料も払わなくてはなりません。それだけ浮気の代償は大きいのです。

浮気といいましたが、離婚理由として認められる浮気は法律上、不貞行為と言います。異性と二人きりで食事に行くのも浮気だ、という考えの人もいるかもしれませんが、法律上離婚理由となる不貞行為とはズバリ肉体関係のことです。肉体関係がなければ不貞行為にはあたらず、離婚理由にもなりません。しかし夫や妻が継続して同じ異性と肉体関係はないまでもキスやデートを繰り返していたら、誰だって良い気はしません。再三不快であることを伝えても止めないような場合人は、婚姻を継続しがたい重大な理由として離婚が認められることもあります。しかし一方で人間には行動の自由がありますので、不貞行為がなければ誰と食事するのも自由です。仮に離婚理由として認められたとしても、慰謝料は望めないかもしれません。不貞行為があった時は、相手が拒否しても離婚はできますが、裁判になれば証拠が必要になりますので、まずは証拠を確保するようにしましょう。